REPAIR

 ギターアンプ、ベースアンプ、エフェクター、音響機器などのエレクトロニクス機材の修理を中心に、ギターやベースの調整、修理まで幅広く対応いたしております。1台1台丁寧に修理することを基本としており、個人のお客様はもちろんのこと、楽器店・リハーサルスタジオ・ライブハウス様などから多くの依頼を受けさせていただいております。修理で悩まれている方は一度ご相談ください。
不明な点がございましたらこちらからお問い合わせくださいませ。

 修理依頼方法(オーバーホール、モデイファイにおいても同じ手順となります)

  1. このページの内容を一通りお読みになり電話・メールにて、メーカー名・機種・症状等をお伝え下さい。
  2. 依頼が決まりましたら当店までお持ち頂くか、宅急便などでお送り下さい。修理品送付先
  3. 宅急便などで送られた場合、当店から電話またはメールにて修理品が到着したことをご連絡致します。
  4. その後、下の修理行程に沿いお見積させて頂き、修理可否の確認をさせて頂きます。
  5. 修理完了後、お客様にご連絡、修理料金のお支払い完了後、修理品発送となります。

修理行程の概略

  1. 修理品お預かり状確後症認
  2. 症状確認後、故障箇所の特定・その周辺回路の検査(この時点で見積をご連絡)
  3. 故障箇所の修理
  4. その他アンプ全体のチェック、他に異常があれば追加修理
  5. 必要に応じて波形検査による動作確認
  6. サウンドチェック
  7. 組み込み
  8. サウンドチェックを含めた最終チェック
  9. 修理完了

パワー管交換時における基本作業工程

  1. 現在取り付けてあるプリ管、パワー管のチェック
  2. パワー管周辺の回路チェック、修理
  3. パワー管周辺の電圧(バイアス電圧含む)チェック、修理
  4. 当店にてエージング済みのパワー管を実装
  5. バイアス電圧設定、バイアス電流の測定、初期動作の監視
  6. 波形観測、バイアスの微調整
  7. ロードテスト(ノイズや温度変化による回路の動作状況を確認します)
  8. 実際に楽器を接続しサウンドチェック、バイアスの微調整
  9. 交換完了
料金表
 
※SC→半導体アンプ HD→TUBE+半導体アンプ
  TUBE AMP SC AMP HD AMP
基本料金(点検、故障箇所特定料) 基本料金(点検、故障箇所特定料)
出力150W以上の大型アンプ、多チャンネルアンプや症状が不安定な場合は変動あり
\6,000~
真空管 交換 パワー管(バイアス調整込)交換 (パワー管持ち込みは+\4200) \9,000~ - \9,000~
プリ管/整流管交換(お任せ交換,当店にて独自に選別、 取付。 \2,000~ \2,000~
プリ管持ち込みは+\630/1本) 
プリ管,パワー管/整流管交換(真空管ブランド指定、こだわりチューニング) \5,000~ \5,000~
半導体交換 パワートランジスタ、FET等(バイアス調整込) - \10,000~
サーキット内部パーツ交換(抵抗、コンデンサー、IC等) ハンドワイアード 交換パーツの量の等により変動 \7,000~ - -
プリント基板 交換パーツの量の等により変動 \9,000~
外装部品の交換(POT、JACK、スイッチ等) ハンドワイアード 交換パーツの量の等により変動 \3,000~
プリント基板 交換パーツの量の等により変動 \6,000~
トランス交換 パワートランス、アウトプットトランス \15,000~
その他トランス(リバーヴトランス、チョークコイル) \10,000~ - -
スピーカー交換 キャビネットのタイプ、スピーカーユニットの数により変動 \3,000
グリルクロス張り替え ネットサイズにより変動 \8,000~
トーレックス張り替え キャビネットサイズにより変動

\20,000~

※上記金額に真空管代、部品代、消費税は含まれておりません。

修理に出される前に以下の内容をご確認下さい。

使用パーツについて
修理に使用するパーツ類については当店で厳選したパーツを使用いたします。耐久性を上げるためにメーカー純正品とは異なるパーツを使用することもございます。また入手困難なパーツは代替え品にて対応させていただきます。
使用真空管ついて
真空管はメーカー問わず当店にてすべて検品、測定し、当店にて開発したエージング装置により十分エージングしたものだけをアンプに実装しております。エージングにより真空管の初期不良、ノイズの低減、サウンドの向上など信頼性の向上が期待できます。
真空管の持ち込みについて
真空管の持ち込みも可能ですが当社保証規定外となりますので予めご了承お願い致します。真空管は同じメーカーの真空管でも特性が異なるため、使用しているアンプに合う特性を持った真空管を使う必要があります。当店ではこれらの条件を満たした真空管をご用意致します。
ビンテージ管においては今現在、入手難や信頼性など諸事情により基本的に修理・販売用としてはストックをしておりませんので持込みにての対応とさせていただきます。
お見積について
電話、メールなどによる概算見積は答えられる範囲に限度がございますが可能ですのでお問い合わせください。
修理品をお預かりし検査してからでなければ故障状況などが把握できないためお預かり後、正式なお見積をいたします。このときの料金は部品代を含めた修理代金と返却時の送料を合わせた金額をお知らせいたします。
お見積後、お客様からのOKがいただければ修理にとりかかります。可能な限り最初のお見積時点で一通り故障箇所や問題のある部分を特定いたしますが、症状によっては故障箇所を修理してからでなければ他の部分の状態が判断できない場合や、修理中に見積段階では確認できなかった故障箇所が発見されることもあります。この場合はお客様に再度ご連絡をとり、故障箇所の説明や修理続行の可否を確認させていただくことがございます。
キャンセルについて
電話、メールなどによる概算見積は無料です。実際に内部を調べて正式な見積後のキャンセル代は検査作業料として\5,000-(税別、別途送料)いただております。(コンパクトエフェクター等一部例外あり)、追加修理があった場合に修理を途中で中止された場合は、その時点で掛かっている修理代金のご請求となります。
修理保証について
丁寧、確実に修理することを基本としておりますが、万が一期間内に故障した場合は無償で再修理いたします。詳細は保証規定をご覧ください。
お支払い方法
:お支払いは今現在、現金または、お振り込み(振り込み手数料はお客様にてご負担していただいております)にてお願い致しております。お支払い完了後修理品お渡しとなります。 お支払い方法をご覧下さい。
送料について
送料は往復共にお客様にてご負担していただいております。

修理保証規定

-保証期間:3ヶ月 -

保証対象
当店にて修理した場所が保証期間内に再度故障した場合、無償にて再修理致します。
送料はお客様にてご負担していただいております。

保証期間内であっても次の場合は有料となります

  1. 当店にて修理した場所以外が故障した場合。
  2. 消耗品などによる故障の場合。(真空管交換時、交換した真空管は初期不良(2週間以内)においては保証対象になりますが交換後の取扱不備による真空管不良の場合は対象外となります、また真空管持ち込みによる故障も対象外となります。)
  3. 期間内に当店以外でメンテナンス、修理、改造を行われた場合。
  4. 修理後全く使用せずに保管してあった場合(使用しないと接点不良など故障の原因になります)
  5. ご使用上の誤りで再度故障した場合
  6. ビンテージ品などオーバーホールしておらずパーツの劣化が全体的に著しいもの(古いアンプ はオーバーホールをお勧めいたします)
  7. 修理品に異常がなく他の部分、他の機器に異常があり、点検及び修理した場合
  8. その他、明らかに保証対象外と当店が判断した場合